屋上を緑の植物でいっぱいにしてみましょう!

屋上緑化の魅力とは何でしょう

「屋上緑化」は、建物の屋上に植物を植えたり、植物が植えられたプランターなどを置いたりして緑でいっぱいにすることを言います。屋上は、太陽の光が直接当たり、大変気温が高くなる場所です。だからこそ、植物を利用して、屋上の気温を下げてやるのです。植物は太陽の光を遮ったり、水を利用して温度上昇を抑えたりする働きがあります。夏の暑い日などには最適です。屋上緑化をすることによって、室内温度を下げ、クーラーの設定温度を低くすることができたり、使う時間を短くすることができたりする、大変地球にも優しい方法です。

どのような植物が適しているの?

「屋上緑化」は、植物全体が建物の屋上全体を覆うようにすると一番効果的です。そのためには、大きくツルを伸ばして幅広い面を覆うことができる「ツル性」の植物を利用すると良いです。ツル性の植物には、アサガオやゴーヤー、キュウリ、トマトなどさまざまな種類があります。どれも近くのホームセンターや大型ショッピングセンターで簡単に手に入るので、気軽に挑戦することができます。

さらに良いことがいっぱい!

ツル性の植物の多くは実がなります。その実を自分で調理して食べることができるので、家計も助かります。また、タネから植物を育てることによって子どもに植物の成長を観察させることもできますし、食育に繋げることもできます。自分で育てたものは、嫌いな食べ物であっても美味しく食べることができるものです。屋上緑化を利用して子どもの好き嫌いをなくすことも良いでしょう。

屋上緑化とは屋上の上に草花を植える緑化活動の事です。地球温暖化が進む中で狭い土地しか持っていない日本にとって少しでも環境改善につながればと考えだされました。