どうやって選ぶの?自分に合うメガネの選び方3つ

顔の輪郭を把握しておく

いざ店へ行ってメガネを選ぶとなると、あまりの種類の豊富さに、どれを選んで良いのか分からなくなってしまうことがあります。いったい、どのようにして選ぶと、自分に合うメガネを選ぶことが出来るのでしょうか。

一つ目として、自分の顔の輪郭を把握するということが挙げられます。丸顔なのか、細面なのか、ベース型なのか、逆三角形なのかによって変わってきますので、輪郭を把握してからメガネを選びに行くと良いでしょう。

度数はしっかりと計測する

続いて、メガネのレンズの度数は、しっかりと計測するようにしましょう。度数が合わないと、余計に目が悪くなってしまうこともありますし、かけている内に気持ちが悪くなってしまうこともあります。

店で計測して貰っても良いですし、病院で診察を受けて、その結果をメガネ店に持っていくという方法を採ることも可能です。すぐに感覚が掴めるものではありませんので、店内や病院内を何度も歩いてみて、納得したところでレンズを作って貰うようにしましょう。

自分に似合うカラーを知る

最後に、自分に似合うカラーを知るということも大切です。良く見かけるのが、肌のトーンを春夏秋冬に分けて考えるという方法です。色白なのか、黄味が強いのか、色黒なのかなど、細かく分けて考えることが出来ます。

メガネ店によっては、コンシェルジュがいる場合もありますので、自分の肌のトーンをチェックして貰ってから、メガネの色を選んでいくと良いかもしれません。きっと、ピッタリのものが見つかることでしょう。

メガネの通販には病院で貰える処方箋が必要となります。処方箋を一度入手しておけばその後何回も使えるのでとても便利です。